What's new!
2024.02.20 ゲストイベント情報 + イベント情報 + ブログ(SC-RECS.com) 追加, ピックアップイベント情報更新
※最新情報は各イベント主催者のSNS等でご確認下さい。

✍️サイト・広告・動画制作からライティング〜SNS運用代行まで、ご依頼・ご相談などはこちら!



2013年5月5日日曜日

How to start DJ! 〜これからDJをはじめる皆様へ〜

たまに「DJをはじめたいんですが、何の機材を買えばいいかわからないので、教えて下さい」という質問を頂きます。その都度説明をするのですが、その際に説明のベースになるモノがあれば楽やな〜と何度も思ったので、この記事を書いていますw

実際は質問者の音楽趣向や経済状況、音楽・機材への知識等で随分とオススメするものが違います。それでも、最小限必要な機材等はあります。あくまで自分の経験に基づくものなので、違った視点等もあるとは思いますが、参考までにという事でw
※何もDJ機材を持っていない方への説明とさせて頂きます。
※リンクは2013年7月現在です。

早速機材の説明です。最低限必要なものは、大まかに
■アナログDJ : タンテ・カートリッジ(レコード針)・DJミキサー・モニター(ヘッドフォン)・各種ケーブル
■PC Vinyl Control DJ : タンテ・カートリッジ(レコード針)・DJミキサー・PC・モニター(ヘッドフォン)・各種ケーブル・インターフェイス・ソフト
■PC コントローラーDJ : コントローラー・インターフェイス・ソフト・各種ケーブル
■CDJ : CDJ・DJミキサー・モニター(ヘッドフォン)・各種ケーブル

もし持ってない場合、必要なモノは
■アンプ・モニター(一体型でもOK)
コンポ等を持っている方は、代用が可能です。ただし、ちゃんとしたモニタースピーカーで得られる音とコンポとは全く違うので、予算があるのであれば購入した方がいいです。

タンテ : テクニクスのSL1200
テクニクスが製造中止したから中古しかないけど、未だにテクニクスのSL1200が間違いないです。日本はおろか、海外でもどこのクラブに行ってもこのタンテが使われていたので、どこのクラブでプレイするにしても、絶対にSL1200を買うべきです。程度によるけど、15,000~6,0000円で買えるし、そうそう壊れません。自分も18年使ってるタンテがあるけど、定期的にメンテすれば問題なしです。壊れたりメンテしたかったらパナソニックのお客様センター(大分だと、ラウンドワンの裏)にあって中古でも受け付けてくれますんで、安心して使い続ける事ができます。生産停止したため、一応不安もあるので、ストックとしても買いましたが、結構場所をとるのが難点かも...

カートリッジ(レコード針)
これが唯一レコード盤に接する部分なので、当然ですが針だけでかなり音が変わります。低音が強いとか音抜けがいいとかそれぞれの特徴があるので、自分の好みで買う感じかなと。一体型がメンテが楽でいいかもw 色々使って自分好みの針に出会うって事かもしれませんw

DJミキサー : アナログDJミキサー / デジタルDJミキサー
これも製品によってかなり音が変わるから、色々調べて好みのものを買った方がいいです。現場で遭遇率が高いのはパイオニアだから、クラブプレイを考えるとパイオニアの何かがいいかもしれないけど、値段が高いし、個人的には音が好きではなかったりもします。また、SCRATCH LIVEやTraktorでのPCDJを考えるなら、デジタルDJミキサーによってはUSB一本でPCと接続できる機種もあってセッティングが楽だから、そういうのを選んでもいいかも。…ただし、一通り接続方法は覚えないと、イベント中のトラブルに対応できずに苦労する事もあるかもw ある程度上手くなったら買い替えるのを前提にするなら、BEHRINGER NOX404とかの低価格帯商品でも可。

おすすめなのは↓ パイオニアのDJM-850とかがクラブで一番設置されているミキサーなんやけど、高いのでそこまでは買えないけどパイオニアには慣れたいって場合はDJM-400で充分かなと。

...ちなみに、自分は10台ぐらい買い直し・買い足しして今に至りますw 経験上、メンテナンスや修理・買い替えはどのみち必要になるとは思いますが、最初にちゃんとした製品を買って長く使うのも手かもしれません。自分の場合、安物買いの銭失いを何度も繰り返し、最終的にはもうできるだけ買い直したくないという思いで10万後半の商品を1種類、10万前半の商品を2種類買ってしまう事になりました。今までかかった総額を考えると本当に馬鹿馬鹿しいので、用途に合わせて適度にいい製品を買う事をオススメします。

ヘッドフォン(モニタ)
ヘッドフォンもそれぞれ音が全然違うので、ジャンルで選んだ方がいいかもしれません。低音に定評がある機種や全体的にバランスがいい機種等、色々あります。また、側圧(つけた時に耳にかかる圧力)とかで個人の好みがあるから、長時間つけてもプレイできるようなものを選ぶ事をオススメします。自分は側圧に敏感なので(アタマが痛くなるため...)、音質も重要ですが側圧もかなり重視しています。ただ、側圧がそれなりにないとヘッドフォンの中の音がもれる=外の音が入ってきたりして、プレイができなかったりもします。安くて音もよくておすすめなのは、AUDIO TECHNICA ATH-PRO500MK2とかかな。個人的には、これもやっぱり何度も買い直してます。今で10台目とかかな〜 ミキサーと違って場所もとらないヘッドフォンは何台あっても困らないのでいいんですけどw

スピーカー・アンプ
コンポがあれば「AUX(外部入力)」に繋げて音が出せるけど、ない場合はとりあえずスピーカーとアンプが必要。で、今だと一体型とかもあるし安いのでオススメ~ 初心者練習用なら、BEHRINGER B1030AとかM-AUDIO AV40で充分です。でも、こだわりだすときりがないです。そして、本当にスピーカーによって音が全く違うので、自分の好みに合わせて購入するべきだと思います。トラック制作をしたい・する方は、音がフラットなしっかりしたものを購入した方がいいかも。

PC
これはMacの方が多いですが、Windowsでも問題ありません。むしろ、後々音源を作りたいと考えているなら、Windowsの方がソフトが圧倒的に多い事を知っておくべきです。最近のWindowsの性能は凄いものがありますしね〜

PCコントローラー
これは本当にピンキリです。気になったら一度実機を触ってみた方がいいです。JOGホイールの感触とかは写真等では確認できないですが、DJプレイするなら絶対にチェックすべきポイントになります。値段が安いから〜とかソフトとの連携も大切ですが、実際に触って操作するので、操作性を確認してからの購入がオススメです。

CDJ
色々なメーカーや種類がありますが、クラブに一番設置されているのは、やはりパイオニア製品ですので、できれば同じものか似たものを購入する事をオススメします。使い慣れていないと、現場でトラブルが発生した場合に対処できず、結局満足にプレイができなかったという事になりかねませんので... DJブース内は暗いですし、爆音の中だと意思疎通も難しく、その上お酒を呑んでたりするとお手上げなんて事があるかもしれませんw

インターフェイス・ソフト
DJで使用となると事実上TraktorScratch Liveの二者択一になっています。例外もありますが、4つ打ちならTraktor・Hip HopならScratch Liveと考えておけば大体問題ないかと。同じインタフェースを使う方が交代の際に圧倒的に楽なので、自分がどのジャンルをやりたいかで判断してもいいと思います。

ケーブル
これは地味ですが、かなり音が変わります。はっきり耳でわかるレベルで変わるわけです。...もちろん、値段もそれなりにするわけですが...w それぞれの特性もあるので、自分にあったケーブルを選んで使って下さい。

以上、必要最低限の機材をご紹介しました。音にこだわり出したりトラックをつくったりプレイの幅を広げたかったりすると、これにイコライザー・PA卓・エフェクター・サンプラー・キーボード・シンセ・パワーアンプ・スピーカー・インシュレーター・ラック・防音材・吸音材・電源・配線・ソフト・コントローラー等を買い足していき、深い深〜〜〜〜い沼にハマる事になりますw もちろん、音源はこれらとは別に買い続けるわけなので、それなりに予算と根性、そして何より周り(恋人・家族)の優しくて暖かい理解が必要ですw

機材がそろったら、レコードやデジタル等の音源を集めつつとりあえず練習あるのみです。あと、自分が何をやりたいかを明確にする事が大切だと思います。ジャンルが定まらないと主軸が決まらず集める音源がバラバラになったりして、なかなか現場でのプレイセットができにくいです。 経験者に聞けばわかりますが、DJを続けるうちに音楽趣向が変わる事はよくあるので「今はこういう音楽が好き〜」というのを目安にするだけでいいと思います。

でもって、クラブに通って人脈を作りましょう。自分が好きそうなジャンルのイベントに足を運んで、音楽趣向や考え方が合う仲間を作り、イベントへ参加するきっかけを作りましょう。イベント関係者やお客さんは気軽に話しかけても結構丁寧に答えてくれますよ〜 コワモテのヒトほど優しかったりしますw どんどん人脈を作ってネットワークを広げてDJとして活躍しましょう♪

そんな感じで、お粗末ではありますが「How to start DJ! 」でした〜w それでは、クラブの現場で会いましょう♪

*イベント情報 *レコメンドイベント *スタッフブログ *クラブ等会場情報 *当サイトについて *イベントリポ *ボランティアスタッフ募集 *スマフォからの閲覧解説 *携帯から閲覧 *Facebookページ *Twitter *mixiページ *T-shirts *イベント情報無料掲載依頼フォーム *イベント情報無料掲載依頼メール