What's new!
2024.04.17 ゲストイベント情報 + イベント情報 + ブログ(SC-RECS.com) 追加, ピックアップイベント情報更新
※最新情報は各イベント主催者のSNS等でご確認下さい。

✍️サイト・広告・動画制作からライティング〜SNS運用代行まで、ご依頼・ご相談などはこちら!



2011年6月7日火曜日

iCloud発表!


米国時間6/6にSteve JobsはiCloudを発表しました!スタート時のクラウドコンポーネントは、iTunes、フォトストリーム、ストレージ、iBooks、バックアップ、App Store、全MobileMeアプリ(連絡先、カレンダー、メール)の9種で、しかもOSの一部として提供され、容量5ギガバイトまで無料で使用できるそうです。

iCloudでは、パソコンは単なる1デバイスへと格下げされ、すべてはクラウドに保存、同期されます。新しい連絡先やカレンダーの予定、文書、写真、曲等データを追加すれば、すべてiCloudで利用できるわけです。新しいデバイスを買ったり、MacからiPhone、iPadへと移行しても、殆どの重要データはそこにあるので、簡単に引き出して使用できるわけです。まあ、こう書くと今までのクラウドとも同じ印象を受けるかもしれませんが、それは間違いです。

何がかというと、iCloudは近い将来、多くのアプリの基本機能になるだろうという事です。つまり、たくさんのアプリを日々リリースしているデベロッパーがiCloudストレージAPIを組み込み、アプリをiCloudに繋ぐことができるようになるという事です。アプリにこの機能が入るとなると...想像するだけで凄いですよね!

iCloudはほとんどのApple製アプリのネイティブとして組み込まれていくでしょう。もはやiPhoneだろうがMacbookだろうがiPadだろうが関係なく、デバイスはデータを引き出すための道具になります。iPhotoには新しくフォトストリームボタンがついて、自動でiCloudに写真をアップロードし、他のデバイス(WindowsパソコンやApple TVも含む)で共有できるようになるそうです。しかもフォトストリームは5ギババイトの総容量には勘定されない。音楽とアプリも同様ですがメール、文書、バックアップのみが対象で、追加のストレージを購入する事も可能だそうです。

この便利さを体感したユーザーは、Appleから離れられないでしょうね... もはや、Appleはハードを売っている企業ではなく、Googleの様な革新的なユーザー体験や技術を売っている企業だという事でしょう。今後も期待してます!